So-net無料ブログ作成
検索選択

<荒井戦略相>知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)

 菅新内閣で国家戦略相に就任した荒井聡衆院議員=北海道3区=の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が02年11月〜昨年9月の7年間、東京府中市の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届けていたことが分かった。同後援会は、通常は家賃や光熱費などにあてる事務所費を含め「経常経費」として03〜08年の6年間で計約4222万円を計上しているが、この知人は毎日新聞の取材に「家賃は受け取っていない」と話しており、経費を別の用途に使っていた疑いがある。

【写真特集】管内閣の顔ぶれ▽国家戦略・消費者担当相 荒井聡

 総務省によると、同後援会は93年設立。02年11月に事務所を横浜市から知人宅マンションに移した。会計責任者は、現在の政策秘書が務めていたが、民主党が政権交代を果たした昨年9月に解散した。収支報告書によると、後援会は03〜08年に、経常経費に含まれる人件費計約2741万円▽備品・消耗品費計約463万円▽事務所費約1013万円−−を計上。しかし、知人男性は「(荒井氏とは)40年来の友人。たまに郵便物が届くからそれを自分が整理していた」と話し、常勤職員がなく、事務所としての活動実態もあまりなかったことを認めた。

 事務所費を巡っては、07年以降、家賃や光熱費のいらない議員会館に事務所を置きながら高額な事務所費を計上していたなどとして、故・松岡利勝氏、赤城徳彦氏、太田誠一氏が農相在任中に厳しく追及され、相次いで辞任などに追い込まれた。

 荒井氏の事務所は「担当者がおらず、回答ができない」とコメント。民主党の細野豪志幹事長代理は、この問題で9日午前会見し、07年分の明細を点検したとして「違法な点はなく、適切に費用として計上されている」として問題は無いとの考えを示した。

 荒井氏は農水省出身で5期目。07年の道知事選に出馬し落選した。菅首相の側近として知られ、鳩山内閣では首相補佐官を務めた。【杉本修作、喜浦遊】

【関連ニュース
<関連記事>菅内閣:発足 国家戦略相に荒井氏就任、札幌の後援会エール
<関連記事>菅内閣:消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務

連続強盗強姦、被害女性が別室からビデオリンク陳述(産経新聞)
覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
ナンバー2席に亀井郵政相=菅内閣の閣僚席次(時事通信)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)

昨年のがんによる死亡数、過去最多(医療介護CBニュース)

 昨年の「悪性新生物」(がん)を死因とした死亡数は、前年比991人増の34万3954人で、過去最多を記録した。全死亡者に占める割合は30.1%で、1981年以降、一貫して死因順位の1位となっている。

 がんについて、昨年の死亡数を部位別に見ると、男性で最多は「肺」で4万9022人。次いで、「胃」3万2764人、「大腸」2万2748人、「肝」2万1631人の順。女性は最多が「大腸」で1万9659人。以下は、「肺」1万8546人、「胃」1万7236人、「乳房」1万1914人、「肝」1万1083人、「子宮」5523人と続いた。
 前年と比べ減少したのは、男性の「胃」「大腸」「肝」と女性の「肝」「子宮」。このうち、2年連続の減少となったのは、男性の「胃」のみだった。

 2007年に策定された国の「がん対策推進基本計画」では、放射線療法、化学療法の推進や、これらを専門的に行う医師などの育成、がん予防やがんの早期発見に向けた施策の推進などにより、がんによる死亡者を減少させることを目標に掲げている。


【関連記事】
小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(下)
主婦の4割、過去1年間に検診受けず
対がん計画の中間報告、6月にも公表―厚労省
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。

松井さんなら松、竹中さんは竹彫刻「しゃれ表札」(読売新聞)
天皇陛下 温家宝首相と会見(毎日新聞)
<民主代表選>菅氏の決意に大きな拍手 勝利ムードも(毎日新聞)
<パンダ>借受期限を5年間延長 神戸市立王子動物園(毎日新聞)
民主新人候補に逆風、首相辞任求める声も(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。